スポーツ時の水分補給はアルミパウチ、自宅では水素水サーバーが良い!

健康的な体は水素水で作る【活性酸素の抑制効果】
悪玉活性酸素が人体にもたらす悪影響を知ろう
水素水サーバーの導入【自宅にあった種類と必要なコスト】

スポーツと併用するならアルミパウチがお薦め

水

ジョギングやウォーキングといった有酸素運動をする人には、携帯しやすい水素水を選ぶと良いでしょう。どこでも手軽に水分補給することができます。ここでは、スポーツをする人向きのアルミパウチの特徴について解説します。

アルミパウチとは?

水に溶け込んだ水素水は、時間が経過すると拡散してしまうので、ペットボトルだと数日で水素濃度が0になってしまいます。しかし、アルミパウチの場合は、半年から1年程度水素を保持することができます。水素水の容器にアルミパウチを採用しているのは、水素保持力の高さからです。アルミパウチ水素水は、専用設備が揃った工場で生成され、工場内でアルミパウチ容器に入れパック詰めして梱包作業まで行ないますので、短時間で配送可能となります。さらに、バブリング製法という特殊な製法で生成されているので、味や品質を落とすことなく良質の水素水が完成します。

アルミパウチのメリット

  • 飲みやすい
  • 価格がお手頃
  • 携帯に向いている
  • 自分で作る手間が省ける

容器の違いも大きなポイント

アルミパウチ水素水は、完全密閉型と飲み口型の2種類があります。 完全密閉型は、容器の四方を密閉されている状態で販売されています。完全に四方を密閉されているので、水素を長期間保持することができるのが特徴です。完全密閉型のアルミパウチ水素水を飲むためには、グラスに注ぐ必要があります。 飲み口型は、上部にプラスチック製の飲み口が付いている状態で販売されています。飲み口があるために、完全密閉型よりも水素保持力は劣ります。なぜなら、飲み口部分から水素が拡散する可能性があるからです。ですが、携帯性に優れていて、スポーツ時の水分補給に最適です。飲み口が付いているために、グラスに注がなくても飲むことができます。

水素水ヘビーユーザーはサーバーを導入する手もある

自宅でも気軽に水素水を飲みたい人は、水素水サーバーを導入した方が良いでしょう。スポーツジムや職場でも導入しているケースが増えてきています。健康志向の人から注目を集めている水素水サーバーの人気の秘密を解説します。

水素水サーバーとは

水素水サーバーを導入すると、いつでも好きな時に自宅で水素水を飲むことができます。アルミパウチ水素水は、水素を保持できる期間があるため、保持期間を過ぎてしまったら効果がないことがデメリットでした。しかし、水素水サーバーなら、飲む直前に水素を生成してくれますので、高濃度の水素水を飲むことができます。 サーバーにグラスをセットし、ボタンを押すだけで、蛇口からは新鮮な水素水が出てくるので、操作も簡単です。冷水からお湯まで、水素水の温度も調整することが可能です。アルミパウチ水素水はスポーツ時の水分補給用にして、家族全員が水素水を飲むなら水素水サーバーの方が経済的かもしれません。

水素水サーバーのメリット

  • 新鮮な水素水が飲める
  • 熱い水にも生成できるのでコーヒーや紅茶が淹れられる
  • 長期的にみるとアルミパウチよりもリーズナブル

水素水サーバーの種類

ウォーターサーバータイプ
一般的なウォーターサーバーと同様に、5℃程度の冷水と80℃程度のお湯の両方が使えるタイプの水素水サーバーです。常温の水素水サーバーよりも、活用のバリエーションが豊富で、自宅だけでなくスポーツジムや店舗など、いろんな場所に設置されています。
卓上設置型
卓上設置型の水素水サーバーは、キッチンの片隅やダイニングルームに設置できるように設計されています。従来の水素水サーバーよりも小型で軽量となっていますので、テーブルの上にも設置することが可能で、手軽に導入することができます。
水道水直結型
自宅の水道管に、水素水サーバーの給水管を直接接続することで、今までの水道水と同じ感覚で利用することが可能なタイプです。水道水直結型は、専用のサーバーを設置と水道工事が必要になりますので、導入前に予算や工事期間などを検討してください。
給水タンク型
吸水タンク型の水素水サーバーは、設置工事が必要なく、すぐに利用できるメリットがあります。卓上タイプもあるので設置するスペースがない家庭でも導入することができます。しかし、給水タンクのメンテナンスや、水の補充といった手間がかかります。

現在は様々な種類の水素水サーバーがありますので、導入される場合は自宅に最適な種類を探してみてください。次に水素水サーバーにかかる費用をみてみましょう。

水素水サーバーにかかるコスト

初期費用
水素水サーバーを導入する場合、一般的に本体費用が約10万円程度が相場になっています。また、本体費用だけでなく、設置工事費やメンテナンス費用、カートリッジ代などがかかります。種類によって異なりますが、事前に初期費用を確認しておくことが大事です。
保証費用
水素水サーバーが故障した場合の費用も確認しておきましょう。給水タンクやカートリッジ、そして付属品などの価格は、メーカーに問い合わせると良いでしょう。また、レンタルの場合、どこまでが保証範囲なのかを明確にして、保証期間も確認してください。
ミネラルウォーターの費用
水道水を使用しない水素水サーバーでは、ミネラルウォーターのボトルの費用もかかります。家族構成から毎月のボトル消費量を計算して、どのくらいのコストが必要なのかを調べておきましょう。レンタルの場合は、月額4,000円程度で利用できます。

自宅の間取りや水素水サーバーの利用頻度、そして予算にあった種類を選ぶことが、水素水と長く付き合ってくポイントです。

スポーツの疲労をしっかり回復する~水素風呂のススメ~

老化予防やアンチエイジング効果のある水素水を、浴槽に溜めて浸かることで、体全身で水素が吸収できます。肌の奥底まで入り込んだ水素は、肌のくすみや乾燥に効果的で、肌が綺麗になります。さらに、酵素の働きを促進させる効果も期待できますので疲労回復効果もありますし、血行も良くなるため、お風呂から上がって時間が経っても、ポカポカと暖かい状態が続きます。そのため、ダイエット効果もありますし、女性の悩みの冷え性も改善する効果もあると言われています。

TOPボタン