水素水の効果は絶大!悪玉活性酸素のみを除去することが可能

健康的な体は水素水で作る【活性酸素の抑制効果】
悪玉活性酸素が人体にもたらす悪影響を知ろう
水素水サーバーの導入【自宅にあった種類と必要なコスト】

体と活性酸素の切っても切れない関係

肌を触る女性

美容や健康に関心のある人や、アンチエイジングに興味ある女性なら、活性酸素という言葉を目にしたことがある人も多いでしょう。身体に良くない物質という認識はあるけれども、実際にどのような働きをするのか理解してない人もいるでしょう。

活性酸素は体に必要なもの

実は日常生活をしているだけで、体内では活性酸素が発生しています。呼吸により取り入れた酸素のうち、約2%が活性酸素になると言われています。活性酸素と酸素の違いは、強力な酸化作用にあります。酸化作用のおかげで、体内に侵入した細菌やウィルスを殺菌することができます。そのため、病気にならずに毎日健康に生活してくためには、活性酸素が重要になります。また酵素の働きを促す働きをするので、身体に悪影響ばかりではありません。

悪玉活性酸素が体に与える影響

病気をしやすくなってしまう
体内に入り込んだ細菌やウィルスと戦う目的以外で発生した活性酸素は、悪玉活性酸素と呼びます。悪玉活性酸素は、正常な働きをしている細胞を傷つけます。傷ついた細胞は老化したり、様々なトラブルの原因となったりします。人間は小さな細胞の集合体ですので、悪玉活性酸素が発生すると、身体が老化して、病気になりやすい状態になるでしょう。血液中では、悪玉活性酸素が血栓を作る原因となり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしますし、血管そのものも脆くなります。
肌にも悪い
多くの女性が毎日スキンケアをして、お肌の手入れをしています。しかし、悪玉活性酸素が増加すると、高価な化粧品や美容商品を使用しても老化が進み、シミやシワの原因を作ります。悪玉活性酸素の強力な酸化作用で傷ついた細胞は、細胞そのものが老化しているため、潤いを保つことができなくなります。その結果、肌にはハリがなくなり、たるんできてシミやシワを作ります。さらに乾燥しやすい状態になるため、肌トラブルが起こりやすくなるのです。
ガンなどの大病を患う恐れも
日本人の死因のトップはガンです。発見が遅れてしまうと、体中に転移して、手術をしても完治することができないこともあるのです。悪玉活性酸素は、ガンの原因になることも分かっています。悪玉活性酸素の中にはヒドロキシラジカルというものがあります。これは、細胞や遺伝子までも傷つけて、がん細胞を作り出します。つまり、悪玉活性酸素を抑制しないと、ガンなどの大病を患って命を落とす危険性もあります。

抗酸化物質として水素水が優れている理由

細胞の酸化(老化)を防ぐためには、悪玉活性酸素を除去することが必要です。現在、注目を集めているのが、水素水です。

悪玉活性酸素だけに反応する水素

抗酸化食品として、ビタミンCやポリフェノールを含んでいる食品が人気を集めています。抗酸化食品を摂取すると活性酸素を減らすことができますが、悪玉活性酸素だけでなく、善玉活性酸素までも減らしてしまいます。しかし、水素は悪玉活性酸素だけを減らすことができます。抗酸化食品とは違い、悪玉活性酸素に反応し結合して水に変化させます。水は人体に無害ですし、善玉活性酸素とは結合しないので、水素を体内に取り込むことで健康維持が期待できます。水素は原子の中で最も小さく、水にも溶けやすい性質をしているので、水素水を摂取すると体内の悪玉活性酸素を一掃できるでしょう。摂取しすぎても水に変化するだけなので、アレルギーや副作用の心配はいりません。

活性酸素を取り除くメカニズム

活性酸素には、善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類が存在しています。2種類の活性酸素の違いを把握することが、悪玉活性酸素を取り除くメカニズムを紐解く鍵になります。まず、善玉活性酸素は、スーパーオキシドが代表的です。健康状態を維持するために、体内に入り込んだ細菌やウィルス、カビに反応して殺菌・除去してくれる役割があります。かわって、悪玉活性酸素は、ヒドロキシラジカルが代表的です。強力な酸化作用で正常な細胞を傷つけて酸化させます。その結果、細胞は老化し、様々な病の原因となります。この2種類は他にも違いがあります。善玉活性酸素は、水素と同じ球体をしているので結合することはありません。しかし、悪玉活性酸素は、ギザギザしていて水素に反応しやすい性質を持ち、吸着力が強いので反応すると結合して水に変化します。そのため、悪性活性酸素だけを取り除くことができるのです。

スポーツトレーナーからのワンポイントアドバイス

水素水は飲むタイミングが大切です(スポーツトレーナー)

プロスポーツ選手が体調管理のために飲んでいる水素水は、飲むタイミングによって効果を高めることができますよ。運動やスポーツをする前に飲むことで、体を動かしたことで発生する悪玉活性酸素を抑制することができます。さらに、運動やスポーツをする前だけじゃなく、休憩時や終了時の水分補給としてもオススメです。体を動かしている最中は、筋肉に血液が集中します。ですが運動後は血液が内臓に向かって流れ込むため、大量の悪玉活性酸素が発生するので、こまめに補給をしてください。

スポーツも水素水も継続が重要なポイントです(スポーツトレーナー)

水素水は飲んですぐに、効果を実感できるものではありません。そのため、初めは効いているのか分からなくても1ヶ月間は継続して飲み続けてください。1日200mlの水素水を1ヶ月以上飲み続けた人は、90%以上が何らかの効果を実感しています。スポーツをしていない人は、朝起きた後と夜寝る前に水素水を飲む習慣を作りましょう。これはスポーツによる健康効果と同じで、1度の運動だけでは効果がほとんどなく、継続する必要があるのです。

水素水は最強の抗酸化物質です。継続して飲むことで、体内の悪玉活性酸素を除去できるので、スポーツによる疲労を軽減して、健康になることができます。

TOPボタン