運動不足の人必見!スポーツと水素水で若々しい体になれる

健康的な体は水素水で作る【活性酸素の抑制効果】
悪玉活性酸素が人体にもたらす悪影響を知ろう
水素水サーバーの導入【自宅にあった種類と必要なコスト】

運動不足は万病のもと~スポーツと水素水で健康な体をつくる~

運動する女性

若いときは体を動かしていた方も、就職や結婚などの環境の変化で運動する時間が減ってしまいます。職場ではデスクワークの方や家にいることが多い方は、慢性的な運動不足になりがちです。ここでは、運動不足によるリスクをみてみましょう。

運動不足がもたらすリスク

日頃からスポーツをしている人は、病気にならずに、イキイキと毎日をエンジョイしている人が多くいます。適度な運動をすることで、病気を予防できることは誰もが知っているでしょう。しかし、運動不足がもたらすリスクに関しては知らない人も多いでしょう。運動不足になると、生活習慣病や成人病になりやすい体になってしまいます。生活習慣病や成人病の原因の1つが、肥満体型になることです。特に、中高年になると、若い頃と比べて基礎代謝が低下していくため、カロリーを消費することができずに脂肪として体内に蓄積されます。その結果、スポーツをしている人よりも病気になりやすいのです。また、運動不足になると、内臓機能の低下や免疫力の低下により、様々な病気のリスクが高まります。

過度の運動も危険

運動をすることで、免疫細胞を強化することができます。免疫細胞の1つであるNK細胞は、適度な運動によって活性化させることができるため、ガン細胞を撃退してくれます。しかし、激しい運動は免疫細胞の働きを低下させるため、体内に入り込んだ細菌やウィルスに感染することもあります。毎日激しい運動をしているプロスポーツ選手は、水素水やサプリメントで免疫力を高めています。そうしないと、大事な試合当日にコンディションを崩す可能性もあるからです。激しい運動をすると、免疫力が1週間以上も低下した状態が継続することもあります。激しい運動をするのではなく、適度な運動を継続する習慣を作ることで、免疫力を高めることができるのです。

スポーツをはじめる際は水素水を飲用しましょう

ランニングや水泳などのスポーツをすると、筋肉が硬くなり、疲労物質が体内に溜まり、乳酸が発生します。乳酸が発生すると、翌日は激しい筋肉痛に襲われたり、筋肉疲労になったりしてしまうのです。乳酸を抑えるためには、スポーツ時の水分補給を水素水に変更すると良いでしょう。特に、仕事や子育てでスポーツから遠ざかっていた方は、運動前に水素水を飲むことで、疲労を最小限に抑えることができるため飲むようにしましょう。また、普段からスポーツをしてない人にも水素水はオススメです。水素水は飲むだけで、ミトコンドリアの数を増やすことができるため、基礎代謝を高める効果があります。長期的に水素水を飲んでいると、消費カロリーが大きくなり、体重を減らすことができます。

実際に水素水を愛飲しているスポーツマンの声

疲労感が和らいだ気がします(30代/女性)

好きなプロスポーツ選手が「水素水を愛飲している」と話していたので、私も飲み始めました。飲み始めた当時は、水素水の知識は持っていませんでしたが、スポーツ後の疲労感が和らいだ気がします。翌日の筋肉の疲労回復にも効果的だと実感しています。今ではママさんバレーの練習時の水分補給は、チームメンバー全員が水素水です。水素水を飲むようになってから、病気もほとんどなく、健康維持のためにも飲み続けていくつもりです。

インストラクターの勧めで飲用しています(30代/女性)

ダイエット目的でスポーツジムに通っているんですが、そこのイケメンインストラクターに水素水を勧められたのが、飲み始めたきっかけです。最初に口にした時は、見た目も風味も普通の水と変わらないので、半信半疑だったけど、ランニングを終えても呼吸が乱れることなく、体が軽くなったような気がしました。また、それだけではなく肌の調子まで良くなりました。水素水は、いろんな種類があるので、手頃な値段の水ものを定期購入するようにしています。

上記のように日常的に水素水を取り入れている人は数多くいます。下記サイトで自分に合った商品の選び方やおすすめの飲料法などをマスターして、体を整えましょう。

疲労の原因となる活性酸素

グラスを持つ女性

水素水が疲労を抑えることができるのは、活性酸素を抑制する効果があるからです。ここでは、疲労の原因となる活性酸素について紹介します。

活性酸素とは

人間は呼吸をすることで、酸素を取り込み、筋肉や細胞などいろんなところで使用します。この過程で発生する物質が活性酸素です。生命を維持するために、どうしても発生してしまう物質です。 活性酸素は強力な酸化作用をもっているので、体内に入り込んだ細菌やウィルスを分解できます。しかし、同時に、健康な細胞まで酸化させて、錆びついた状態にしてしまいます。そうなると機能が低下し、本来のパフォーマンスを発揮できなくなります。活性酸素による機能低下が疲れの正体だと判明しています。

活性酸素が増える理由

ストレス
ストレスを感じると、副腎皮質ホルモンが分泌されます。これはストレスを緩和させてくれる働きがあるのですが、分泌されるときに活性酸素も同時に発生します。また、ビタミンCにも同じような作用があります。このビタミンCには強い抗酸化作用があり、活性酸素を抑制してくれますが、ストレス状態では消費量が増えるため体内のビタミンCは減少してしまいます。そうなると、逆に活性酸素が多くなってしまうという悪循環に陥るのです。
紫外線
紫外線を浴びてしまうと、様々な肌トラブルが発生しますが、これにも活性酸素が深く関係しています。人間は紫外線を浴びると、有害物質から身体を守るために活性酸素が発生します。本来は有害物質から身体の細胞を守ることが目的ですが、紫外線を浴びすぎると、活性酸素の量が増えて細胞に悪影響を与えます。
激しいスポーツ
激しいスポーツをすると、息が上がり、大量の酸素を必要とします。運動することによって呼吸が増えてくると、必然的に活性酸素の量も増えてきます。ランニングや筋トレなどの激しい運動をすることで体温が上昇しますが、これも活性酸素を増やす要因の1つです。
TOPボタン